外国人患者に対応、九経連が新組織

【産経新聞】記事(2/7)

九州経済連合会は6日、医療機関や企業と協力し、病院で受診する外国人患者の受け入れ態勢を強化する組織「九州国際医療機構」を設立した。医療施設の看板の多言語化や、通訳の育成を支援し、円滑な外国人患者の受け付けや治療を図る。

 外国人旅行者数が右肩上がりで推移しているのに加え、改正入管難民法の成立で外国人労働者の就労拡大が見込まれるのに対応する。九経連の麻生泰会長は福岡市で6日、記者会見し、医療機構の設立は「観光やビジネスの面で九州のイメージアップになる」と訴えた。
 九経連が事務局を務め、医療機関や企業を中心に構成する。外国人患者の受け入れに関する医療関係者向けセミナーを定期的に開いたり、院内看板の多言語化や通訳サービスを割安な価格で受けられるようにしたりする。さらに、外国人が医療機関で受診するのを目的とした訪日旅行の促進にも取り組む。

 医療現場では言葉の壁や料金が回収できないなどのトラブルが相次いでおり、受け入れ態勢の整備が急務になっている。


????????®èa??????ˉ??????????????????


????????®èa??????ˉ??????????????????

REDも今年からオリジナル医療機関向け支援システムの研究開発を加速しております。



ご質問、ご相談などございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

コメント数:0 最近30日コメント数:0

コメント

※1.投稿したコメントに名前が表示されます。2.実名、及び個人を特定できるような名前は入力しないでください。3.投稿後は編集·削除できません。